ABOUT

呼吸をととのえる、その心地よさを味わう

まずは、呼吸がととのったときの心地よさを体験しましょう。呼吸がととのうと、心身の力みが取れて、リラックスした状態になります。その状態を繰り返し体験することで、その心地のいい状態を体にインプットし、体で覚えていきます。

深く吸って吐ける体をつくる

呼吸がととのった心地よい状態、楽な状態が特別なことではなく”ふつう”になるために、きちんと吸えてきちんと吐ける体へ。そのために必要なのは下腹部がきちんと働けること、そして背骨が自由に動けることです。さまざまな動きを通して自分で身体の調整ができるようになっていきます。

本当の意味で“自分らしく”生きる

呼吸がととのった楽な状態が“ふつう”になる。それはつまり、力んだり、息を止めたり(=自分にとって不快なこと)が減り、自分に適った動きや姿勢が自分でわかるようになる、ということです。心身に余裕も生まれ、人生においても自分に適った選択が自然とできるようになります。

Q&A

Q.

自分の呼吸がととのっているかチェックする方法はありますか?

A.

立った状態で深呼吸をしてみましょう。この時に、あごが上を向く、上半身がのけぞる、胸やお腹が大きく膨らむ、両腕が脇から離れる、のどれかが起きた方は危険信号です。

Q.

誰でもできますか?

A.

はい。体が硬い、運動が苦手という方も全く問題ありません。

Q.

どんな人におすすめですか?

A.

心身ともに楽に生きたい方、この先の人生、このままでいいのかな? とふとした時に考えてしまうという方には特におすすめです。

Copyright © 2020 Breath and remember  All rights reserved.