Copyright © 2020 Breath and remember  All rights reserved.

検索

ギフトエコノミーの実験を終了します


今年に入ってから実験をしていたギフトエコノミー。

いろいろと考えた結果ゆるゆると実験を終了したいと思います。

・できるだけたくさんの人にヨガやつながりのコミュニケーションに触れてもらうこと

・与え合いの世界で生きていくことを実践してみたい

この2つの目的からギフトエコノミーを取り入れていましたが

いまひとつこの目的が達成されていない感じがあります。

そんなとき、友人に紹介されたのが

『ゆっくり、いそげ ーカフェからはじめる人を手段化しない経済』(影山知明 著)。

著者はクルミドコーヒーという人気カフェの店主で、

お店の中でギフトエコノミーを実践したときのエピソードが載っていました。

結論から言うと、ギフトエコノミー(金額を決めない)にすることで、

多くの人に広めたかったものがむしろ広がらない、という事例でした。

これには目から鱗でした。

(興味のある方、ぜひ読んでみてください)

また、与え合いの世界で生きていくこともギフトエコノミーを取り入れた理由のひとつですが

金額を決めないことが=ギフトエコノミーではないと思い始めました。

ギフトは、当然ながらお金の問題ではなく、気持ちの問題。

金額を決めないことでの弊害も、

想定はしていましたが、参加する方がいくら払ったらいいのか迷ったり、

自分が払った金額に自信を持てなかったり、とあります。

そうであるならば、金額を決めないことのメリットがあまりないなと。

そんなわけで、10月に入ってからお知らせしているクラス、WSは参加費を設定しています。

ギフトエコノミーに興味を持って、とクラスに来てくださった方もいらっしゃったり

約1年、ギフトエコノミーを実験してみてとてもよかったなと思っています。

ギフトエコノミーについてはもう少し詳しく書きたい気持ちもあるのですが

クラスなどのお知らせが多くなっていて、そちらには金額が明記されているため

ああ、早くお知らせしなければ…と焦る気持ちがあって…。

そんなわけで、とりいそぎのお知らせです。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。