Copyright © 2020 Breath and remember  All rights reserved.

検索

ポジティブシンキングなんてくそくらえって言いたい


最近、これはちょっと誰かに共感してほしいなあということがあって

仲間に共感してもらいました。

実際に会って誰かに共感してもらうのがひさしぶりだったのと、

思いのほか深いところへ潜り込んだことで

ああ、やっぱり共感のちからというのはあたたかく、パワフルだなあと改めておもいました。

NVCでいう共感というのは、ただそこにともにある、ということです。

同情や同調(同じ気持ちになったり、感情移入したり)とは別物。

わたしはわたしの世界を体験している。

そして相手はそれを見守ってくれている、という感じ。

でも、遠くから見守るという感じではなくて、

ただそこにいて、同じ波に乗ってサーフィンしているような。

ああ、あなたにはこんなふうにこの波が見えているんだね。

この波にこんなふうに乗っているんだね。

そんなふうに、聞き手はただ寄り添ってくれる。

そのうちに、わたしの中にあるニーズのエネルギーをすくいあげて、

それに言葉をはりつけて、もしかして、これ、そう?

ハンカチ、ふわりとここに落ちているけど、これ、もしかしてあなたの?

そんなかんじで、そのエネルギーをことばにかえて、ぽんっと投げてくれる。

そうすると、そこからじわりと波紋が広がって、体がニーズを感じ始める。

ニーズという、いのちのエネルギーが、じわり、じわりと体にひろがっていく。

そうそう、わたし、これ、大事にしてたの。

でも、なんだかとりこぼしていたみたい。

でも、おもいだした。

とてもとても大切だった。

そして、これがないことがとてもとても残念で悲しかった。

嘆きたかったのだけど、嘆きたい、っていうそのことがわからなくなってた。

みつけてくれて、ありがとう。

---

聞き手が、ただともにあり続けてくれる。

そうすると、深い深いところへ降りて行くことができます。

そこは、自分のいのち、エネルギーとつながる場所。

話し手がその深いところへ降りて行ったとき、

聞き手もまた、そのエネルギーを体験します。

聞き手としてそこに行くと、相手とのつながりを思い出す感覚が、わたしにはあります。

我汝、の感覚。

さて。いのちのエネルギーにつながるのを妨げるとわたしが考えるもののひとつに、

「ポジティブシンキング」があります。

たとえばなにか、悲しく感じるような出来事がおきたとき。

「これは何か意味があるに違いない」「成長するチャンスだ」

そんなふうに、心が悲しみを感じていることを無視して

頭で、感情を押し込めてしまう。

感情は、いのちのエネルギーにたどりつくための足がかり。

でも、それを無視したら、なかなかそこには行けません。

それなのに、その感情を押し込めたり、あるいはなかったことにするツールを

私たちはたくさん持っています。

今、心がどんなふうなのか。

それをただ見守る。

心に寄り添って、そうしていのちにつながっていく。

ありのままに見る

って、つまりこういうことだなとおもいます。